美味しいものを食べたくて…
全記事(数)表示
全タイトルを表示
  
FC2カウンター
  
プロフィール

Tsutomu

Author:Tsutomu
日記そのものは他で書いてたりしたんだけど、写真を大きく貼りたいという欲求と、食べログだと何回も同じ店を行って、その際の食べたものの感想を掲載文字数制限に阻まれるのを理由に、ここに書いていくことにしました。表現の間違いなど、温かい目で見てやってください。お願い致します。基本的には、美味しかったなぁ、また行きたいなぁ、というお店を書いていく予定です。そう思えなかったお店は、某日記にて書くことにしております。(^-^;)
*スパム対策をしたら問題がなくなったようなので、書き込みをすぐに反映するように変更しました。

  
ブログ内検索
  
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
  
スポンサーサイト
--/ --/ -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
????????????Τ????λ????????????Τ?????Υ???ä顢????
2008/03/25(火) 21:55:09 | ?????罸by Goodor Bad
「アロマフレスカ」 @ 東京・麻布十番
2008/ 03/ 19 ( Wed ) 22:29:22
ミシュラン狂騒曲が始まる以前から、最大で予約できる3ヶ月先まで埋まっていたリストランテ。ミシュランの★付き店が騒動の時と比べ落ち着いたのに対し、相変わらずの盛況を見せている。一度行ってみたかった、ということで自分の誕生日を祝うのに自分で3ヶ月前に予約し(orz)行ってまいりました。

諸事情により今回は車で…この時点で、お酒が飲めないのが確定(ToT)

アロマフレスカ -080307- 外観.jpg
外観はワインを扱うお洒落なワインショップのような感じ(というかワインショップなんですね)。2階に案内されて席へ。スタッフの皆様の案内が非常に丁寧で、もてなされているという気分にさせてくれる。

「カーサ ヴィニタリア」とどういう仕切りで分けられているのか、イマイチわからなかったが通されたのは中庭が見える席。周りの席との間が広く、とても寛ぐことが出来てとても良い♪席に着いただけだというのに、何だかとても満たされていく。席について、目の前のメニューを取ってゆっくり考える。
アロマフレスカ -080307- メニュー.jpg
来る前は、旬のコース(Menu Stagionale)にしようかと思ったんだけど、定番のコース(Menu Aromafresca)に惹かれる。とても悩んだ末に定番をチョイス。

食前酒ということで、ワゴンでスプマンテ3種を持ってきてくれたが、車なので飲めないということで、ジンジャーエール(ピリピリと喉が刺激を受ける)とブラッドオレンジジュースを飲みながら、テーブルの写真を撮ってみたりして料理が届くのを待つ。

とてもゆっくりと時が流れているような感覚になる。ゆとりのある空間という印象で、待っているだけなんだけど、どうして予約が取れないか、というのがこの時点で何となくわかるような気がした。

アロマフレスカ -080307- 00.パン4種.jpg
パン4種類が到着。
グリッシーニ、チーズのフォカッチャ、丸い胡桃入りのパン、バゲットですかね。
チーズのフォカッチャと胡桃のパンは特に好みでした♪
…どの店行ってもなんですが、パン大好きなもので、抑制が効かず手を出して食べてしまうのが困りものです。この日もお代わりを…(^-^;;

アロマフレスカ -080307- 01.軽く燻したウナギとキャビア.jpg
最初の一皿
鰻と裏漉ししてピュレ状にした板状のジャガイモ、カルダモンを使った一皿目。燻した鰻のふっくらとした口当たりに、カルダモンのスパイシーな香りとほんのり感じる苦味、ジャガイモは仄かな味わいが印象的。

アロマフレスカ -080307- 02.焼きタラバ蟹のサラダ アロマフレスカ風.jpg
02.焼きタラバ蟹のサラダ アロマフレスカ風
グレープスルーツの酸っぱさが、焼き目をつけて蒸したような柔らかい口当たりのタラバ蟹の甘さを最大限に引き出す役割を果たしているようで、とても美味♪

ただこれってイタリアンなの??と思わなくも無いんだけど。(^-^;;
乗っているのはズッキーニじゃなく、キュウリだし。

アロマフレスカ -080307- 03.穴子の香草蒸し フレッシュトマト風味.jpg
03.穴子の香草蒸し フレッシュトマト風味
鰻を食べて一皿しか終わってないのに、穴子…この構成ってどうなの?と思っていたんだけど、目の前に出されると違和感はないものなのね。

柔らかく蒸しあがった脂の乗った穴子に、とても甘みの強いフルーツトマトのソースとの相性が良いバランス。…穴子がどうか、というよりこのトマトソースがとても美味い。

アロマフレスカ -080307- 04.海の香りを少し.jpg
04.海の香りを少し
岩海苔、青海苔、ブロッコリー、オクラとスライスした蒸し鮑と肝が乗った温かいスープ。何となく和風??って感じのスープでやさしい味わい。

これツルンとした滑る器に入ってくるんだけど、それをスプーンですくって食べるわけだが、最後までオクラが取れずに戦い続ける破目に…フォークもあると、簡単に食べられると思うんだけど…(ToT)

アロマフレスカ -080307- 05.ワタリ蟹のスパゲッティ.jpg
05.ワタリ蟹のスパゲッティ
2皿目で"タラバ蟹"が出て、5皿目にパスタとはいえ"ワタリ蟹"…どうなんだろ、これ。(^-^;;)

繊細で淡い味わいのワタリ蟹とパスタをドライトマトの味が濃く酸味が利いていて、料理を引き締めバランスを良くしているように感じられ、これもなかなか美味しい。

アロマフレスカ -080307- 06.じゃがいもを詰めたラヴィオリ バジリコ風味.jpg
06.じゃがいもを詰めたラヴィオリ バジリコ風味
見た目通りのやさしく上品な味わい。柔らかいラヴィオリに包まれたじゃがいもの甘みが非常に美味く、余韻が長く続く。バターとバジルのソースのコクが良く、パンが進む♪…カロリーは高そうだ。(^-^;;

迷うことなく、今宵のハイライト。

アロマフレスカ -080307- 07.桜鯛と地蛤、ホワイトアスパラガスのココット焼き.jpg
07.桜鯛と地蛤、ホワイトアスパラガスのココット焼き
盛り付ける前にテーブルで、ココットの中の料理を見せてくれる。ココットで料理することで素材の旨味を逃がさないということですね。

それにしても旬ということで、桜鯛、なのかな…淡白で印象に残らなかった(^-^;)これまでのコースの中で、ホワイトアスパラガスをピューレ状にしたのとオリーブオイルを合わせたソースが重く、口の中が少々べたつく。…ホワイトアスパラガスの苦味が良いアクセントになっています。

アロマフレスカ -080307- 08.柑橘のシャーベット.jpg
08.柑橘のシャーベット
メイン前のお口直し…これ凄いなぁ。前の皿が重く、腹8分かな?って感じになった、ような気もしたが、強烈な酸っぱさのシャーベットでべたついた口の中が、一瞬にして何ごともなかったようなサッパリとした状態に…胃もまだまだ行ける状態に戻った…。あまりの酸っぱさに目も覚めた。笑

爽快感を感じるレモンとパッションフルーツのグラニテで、とても好みです。

アロマフレスカ -080307- 09.和牛のビステッカ アロマフレスカ風.jpg
09.和牛のビステッカ アロマフレスカ風
生のようにも見えるんですが、40分も火は通してあるんだそうな。付け合わせにイギリスの岩塩、レモンとマスタードのモスタルダ、西洋わさび(ホースラディッシュ)、ガーリック。好みは西洋わさび♪

これとても美味い♪柔らかい肉を噛み締める度に口の中に溢れ出る肉汁と旨味…幸せを噛み締めているようだ。(^-^;;)見た目より、火はちゃんと入っている感じで、絶妙。ソースじゃなく、シンプルに食べる方が自分は好みなんだな、というのが良くわかりました♪

お肉の余韻に浸りたいのに、邪魔をするような新たな一皿が…

アロマフレスカ -080307- 10.野菜のココット(赤茄子).jpg
10.野菜のココット(赤茄子)
九州で取れた大きな赤茄子。…甘みが強く凄く美味い。野菜の旨味を見事に閉じ込めたココットのシンプルな料理…侮れない。肉の余韻を上回る赤茄子の存在感。

ふ~、食べた。
さぁさぁドルチェだ♪注文したのは追加を含め、2人で4皿。(^-^;;

アロマフレスカ -080307- 11.D-イチゴ.jpg
ドルチェ - イチゴのスープ
シュワシュワの食感の飴菓子(?)のアクセントと、イチゴの甘み酸味を感じられるなかなか美味しく楽しい♪

アロマフレスカ -080307- 11.D-オレンジ.jpg
ドルチェ - オレンジのムース
オレンジづくしの一皿。爽やかな酸味と甘みの強いオレンジらしい一皿。これもなかなか。

アロマフレスカ -080307- 11.D-カッサータ.jpg
ドルチェ - カッサータ
イタリアはシチリアのお菓子。リコッタチーズとドライフルーツのアイスケーキで、周りは酸味の強いパッションフルーツのソースで、さっぱりしていて美味しい♪

アロマフレスカ -080307- 11.D-ガトーショコラ.jpg
ドルチェ - ガトーショコラ
固めでしっとりとしたガトーショコラとコーヒーのアイス、生クリームの組み合わせが非常に美味い。…でも最後に食べるには少々重い(^-^;;

アロマフレスカ -080307- 14.コーヒー.jpg
アロマフレスカ -080307- 14.お茶.jpg
その後はお茶をしながら

アロマフレスカ -080307- 12.プティフールその1.jpg
アロマフレスカ -080307- 13.プティフールその2.jpg
プティフールを摘みつつ余韻に浸る。

アロマフレスカ -080307- 中庭.jpg
トータルで見て、ここ以上の満足感はなかなか得られないんじゃないかなぁ、というのが最終的に印象深い。皿の上だけなら、イタリアン?って感じの和風イタリアンな感じで、少々期待してたものとは違ったし、実際ここ以上の料理を提供している店はあると感じた。サービスの方の料理の説明をもっと丁寧にハッキリとしてもいいような…と気になった部分も多少見られたかな。でも近過ぎず離れ過ぎない心地良いサービスに、何よりもこの空間のゆとりのある、穏やかな雰囲気は非常に好みです。

もう一度、来たいなぁ。。。

来訪日・08年3月7日
スポンサーサイト
コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
????????????Τ????λ????????????Τ?????Υ???ä顢????
2008/03/25(火) 21:55:09 | ?????罸by Goodor Bad
copyright(c) 2005 美味探求 Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。