美味しいものを食べたくて…
全記事(数)表示
全タイトルを表示
  
FC2カウンター
  
プロフィール

Tsutomu

Author:Tsutomu
日記そのものは他で書いてたりしたんだけど、写真を大きく貼りたいという欲求と、食べログだと何回も同じ店を行って、その際の食べたものの感想を掲載文字数制限に阻まれるのを理由に、ここに書いていくことにしました。表現の間違いなど、温かい目で見てやってください。お願い致します。基本的には、美味しかったなぁ、また行きたいなぁ、というお店を書いていく予定です。そう思えなかったお店は、某日記にて書くことにしております。(^-^;)
*スパム対策をしたら問題がなくなったようなので、書き込みをすぐに反映するように変更しました。

  
ブログ内検索
  
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
  
スポンサーサイト
--/ --/ -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「亀十」 @ 東京・浅草
2007/ 08/ 22 ( Wed ) 07:27:09
「初音茶屋」に行くし、明日は墓参りだし、親戚の皆様に御菓子を持っていこうかな、と思って初めに思い浮かんだのが今回の和菓子屋「亀十」。

80年という古くからあるお店だというのに、どういうわけか店の雰囲気はお土産屋さんチックでにぎやか。(^-^;)

ここでの有名な御菓子は、雑誌などで紹介されること多数な"どらやき"である。

行くまで値段のことなんて、すっぽり抜けていたが、店に着いてどらやきの値段見て、一瞬引いた…一個275円。一つの家庭に渡すなら良いが、幾つも買わないといけなかったんでお土産には不向きだ、ということで断念。

そんなわけで自分用には購入。
亀十 - どら焼き01.jpg
どらやき(黒餡)
値段は高いが他店のどらやきと比べ、一回り大きいサイズのどらやきは、見るからに美味しそう。期待感があります。

亀十 - どら焼き02.jpg
切ってみるとこんな感じ。思ったより生地は薄いかな。

食べてみると、フワフワで吸い付くようなしっとりモチモチの生地が香ばしく、非常に美味しく、こんなどらやき食べたことが無い、と驚いた。

…しかしそれと比べると、主役の場合も多い餡子の物足りなさも気にはなる。素材へのこだわりはあるだろうし、甘さを抑えて上品さは感じるが、生地のインパクトに対してとても控えめな印象。

きめ細やかな生地が美味しいという突出した特徴のあるどらやきで、手土産にするのにとても重宝するだろう。万人に喜ばれるどらやきである、とともに食べてみて値段も仕方ないんだな、と痛感した。

【亀十】
住所:東京都台東区雷門2-18-11
電話:03-3841-2210
営業時間:10:00~21:00
定休日:第1・第3月曜日
予算:1000円くらい
オフィシャルサイト
スポンサーサイト
copyright(c) 2005 美味探求 Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。