美味しいものを食べたくて…
全記事(数)表示
全タイトルを表示
  
FC2カウンター
  
プロフィール

Tsutomu

Author:Tsutomu
日記そのものは他で書いてたりしたんだけど、写真を大きく貼りたいという欲求と、食べログだと何回も同じ店を行って、その際の食べたものの感想を掲載文字数制限に阻まれるのを理由に、ここに書いていくことにしました。表現の間違いなど、温かい目で見てやってください。お願い致します。基本的には、美味しかったなぁ、また行きたいなぁ、というお店を書いていく予定です。そう思えなかったお店は、某日記にて書くことにしております。(^-^;)
*スパム対策をしたら問題がなくなったようなので、書き込みをすぐに反映するように変更しました。

  
ブログ内検索
  
リンク
ブロとも申請フォーム
フリーエリア
  
スポンサーサイト
--/ --/ -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
43
ここのお店の名前で検索して辿り着きました。
ヒジではなく、氷頭(ヒズ)だと思います。
北海道民の大好物!
2008/07/28(Mon) 20:26:15|通りすがりの美味いものファン|URLMAIL編集/削除
46
>通りすがりの美味いものファン様
わからないままで終わりそうだったものがわかって
非常に嬉しいです♪blog書いていて良かった。
北海道の方は食べられる部位なんですね。
良い勉強になりました。

行こう行こう思いながら「ゆるり」に再訪出来ていませんが
魚主体でやっている東京のお店の同じ価格帯で
ここ以上のものを提供しているお店を残念ながら知りません。
2008/07/30(Wed) 23:46:19|Tsutomu|URLMAIL編集/削除
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
「dining&bar ゆるり 遊瑠璃」 @ 東京・池尻
2007/ 03/ 10 ( Sat ) 22:00:00
ここ一年の間、ネット上を徘徊し、個人的に最も興味のあるお店を選び、誕生日を祝おうと、意を決して食事に行った。

店は池尻大橋にある「ゆるり」。店主が一癖あるらしい、ということもあり、色んなとこの"名物店主"と"ゆうじの接客"という準備期間を経て(汗)、ようやくここに行く心の準備が整った。

さて店内に入ると、テーブル3つにカウンター席に"Reserve"カードの文字が飛び込んでくる。全てこの日は予約で埋まっているようだ。

自分は予約しているので、好きなところに座るよう促された。初めてなのでカウンターは避け(汗)、テーブル席へ。とりあえず飲み物をいただき、予約してあった「おまかせ」料理の登場を待つ。
突き出し3種

突き出し(白玉団子)

左から「団子・トコブシ・スモークタン」の突き出し。
タンも美味しいことは美味しいが、驚きは左側二つ。

- 「dining&bar ゆるり 遊瑠璃」 @ 東京・池尻の続き -
どうして団子?と思い、笹を開け食べると、柚子の香りが口の中に広がった。な、なんで?という意表をつかれた感のある団子だが、美味でした。

それ以上に感動の世界の入口に誘うのは中央の鮑のような貝…先に食べてた(美味しいものを食べている際は私より食べるのが早い)妻が

「これはトコブシ?」
と延々呟き困惑しているようなので、店主に聞くと、
「トコブシ」

との返答。へー、こんなに大きく肉厚なトコブシですか、と驚くが食べて、より驚く。旨味たっぷりで、下手したら鮑より美味しいかも~♪なトコブシ。

始まったばかりだというのに、美味しさのあまりちょっとテンション高くなってしまいました。
そら豆

そんなわけで、そら豆食べて落ち着くことに。(^-^;

ふ~。一息ついて現実世界に戻って来れ…
そうにないものが小鉢で運ばれてきた。
うに

ウ、ウニですか…
「何もつけないで、そのまま食べて」
という店主に従い、食べてみる…私が写真を撮っている最中から食べていて、既に満たされている笑みを浮かべる妻がいた。う、旨い、日本酒を誘う味だ。何も要らない、という通り、味付けをしたわけではなさそうな少しの塩っけと、舌に乗っけると、滑らかで溶けていきそうなウニ。これはタマラン。

ウニに舌鼓している時、店主が忙しなく(店主に言わせると、私達とあと一組の方が食べるペースが早いから煽らている、らしい)次の品をテーブルに置いた。
クロメ

クロメ(具)

クロメ…って巻貝だったと聞いたはずなんだが、調べてもわからない。汗。違うのかな。

「貝を廻すようにして、爪楊枝で取って」
といわれ食べてみたら貝の塩っけと少々の苦味があって、これがなかなか美味しい。結構な量があるし、これお酒も合うし良いです。…目の前で花粉症に苦しみ薬を飲んでいるがために、日本酒を飲めない妻が「日本酒~」と呟いてます。(^^;

写真を撮り忘れているが、ここでオンナガミモズクという普通のものより細いモズク登場。美味しいけど、うんモズク、みたいな。汗(ネットでの検索が引っ掛からないと言うのは、実際の呼び方は違う、ということかな?)

続いて出てきたのはお椀。
蛤吸

蛤吸だね。なかなか立派な蛤なもので、テンションが再度急上昇。まずは飲んでみると、澄んでるけど濃い蛤の汁が非常に美味。大きく厚みのある蛤もとても美味しく、至福の一時。
今宵のベスト候補その一。

店主の
「痛風とか大丈夫?」
という言葉と共に運ばれてきたのは
鯛の子&鱈の子

鯛の子&鱈の子。確かに痛風だと厳しそうな食べ物だわ。汗。鯛の子って初めて食べたと思うんだけど、こんな卵なのに、既に鯛の味がするものなのね。とても驚き。これは美味しいです。味付けは
「出汁使ってるんですか?」と聞くと店主から
「使ってないよ~。日本酒」

目の前で項垂れる妻。
「だから日本酒を身体が欲するのか」と呟く。(^-^;)
ごめんよ、私ばかり飲んで。

お酒との相性もバッチリで旨かったー。

続いて出てきたのは、こちら。
ヒジ(鮭の目と鼻の間の軟骨)

上からイクラ、鬼卸でおろした大根氷頭(鮭の目と鼻の間の軟骨)。氷頭(ヒズ)がとても良い。食感がコリコリコリコリしてて、いつまで噛んでも飽きず、旨味が出てくる感じで美味しい。そしてこの組み合わせも良いです。塩っぽいイクラ、さっぱり感のある大根、そしてヒジ。口の中で渾然一体にして楽しんで、思わず
「おほほほほほ」
と私、可笑しな笑い声を発してしまいました。
今宵のベスト候補その二。

次は
焼白子

「焼いちゃった」と可愛らしい店主の言葉に乗って、焼白子登場。

この前に食べてたヒジのせいで、高かったテンションが見た瞬間からより上昇。

何はともあれ、とりあえずパクッ。…思わず顔を上げ、笑いジタバタ。…これ旨過ぎる~。今、何か起きて死んでも笑って死ねそうだよ。(意味不明)

食べたときの熱さに口に溶けて行くようなミルキィなネットリとした濃厚な旨味と、焼いたことによる焦げた感じの香ばしさが良く、ただただ素晴らしい。参りました。
今宵のベスト。

ここで間が少々空いたので、おまかせメニューにはない珍味を注文。
的矢かき塩辛

それは的矢かき塩辛。流れからして、本日牡蠣は食べれそうにもないな、と思ったのと、ここまで美味しいものが続くと、珍味も試してみたくなる欲求を抑えられませんでした。

味はちょっと濃いけど、いや~、旨いですよ~。酒が欲しくなる飲兵衛のための肴。味からして、白飯とも確実に合うし、これは注文して良かった。

お任せメニューに戻り、次が
いさざの踊り食い

いさざの踊り食い。今が旬ですものね。味が濃い目のものを続けてたから、ここで良い箸休め。…動きが活発なのを食べると悪いなぁ、なんてことを思うわけもなく(汗)食感を楽しませていただきました。ごめんね。

ここから怒涛のメインに入るようです。
鯛の姿焼

鯛の姿焼。電話予約の際、"誕生日らしい料理を"と言ったら
「それは鯛とかってこと?(笑)」と返されたが、しっかり鯛が出てきました。(汗)
サーブする時
「ちょうど今だし」
と言う言葉つき。旬だっけか?(^^;)

なんてことはいいとして、もうね、味付けは塩焼きで、余計なことは一切していない、と思うんだけど、鯛そのものが旨すぎて、無我夢中に頭から尻尾、目を含み、姿が残らないほど堪能させていただきました。今宵のベスト候補その三。

次がこれ。
鰤のアラ焼

鰤のアラ焼(っつうか刺身で使わない部分)が出てきた。これも同様にそのものを味わう感じで、味付けをそれ程加えた感じがない。だからこそ素材の旨さがダイレクトに伝わってくる。骨のある中落ち部分と、肉厚なヒレのある部分では味が全く違っていて、一度に二度美味しいとはこういうことか(違うと思う)と思わず、納得と膝を打ったとか打たなかったとか。今宵のベスト候補その四。

さてお待ちどう様でした。最後です。
鰤の刺身

鰤の刺身。デ、デカイ…旨そ~。ジュル。ちょっと旬を過ぎちゃったかなぁ、なんて思わなくもないけど、これはこれで脂の乗りも良く旨い。これは白飯合いそうだなぁ、と思ってたら店主から
「ご飯いる?」
と訊かれたので、頂きました。鰤の上に山葵を乗っけて、醤油をつけて、ご飯と一緒に頂きまーす。ウマッ。めちゃくちゃウマッ。幸せ過ぎる。日本人でホント良かった。
今宵のベスト候補その五。

店主に「この鰤は何処のですか?」と訊ねると
「うみ~」と素敵な答えを頂きました。確かに海だ。(^-^;)

白飯と一緒に「大根の甘酢漬け」が出て、それを口直しのように食べてフィニッシュ。

来てホント良かったよ、と思えたお店。想像していたよりもずっと店主は親しみやすい人柄だったし(笑)、何より楽しかった。ここで誕生日を祝うことが出来てとても良かったし、記憶に残るわ。

再度、今年中にしゃぶしゃぶしに行かないと♪だな。

*メニューがないから、名称は適当につけたため間違えているかもしれないので、参考にしないでください。汗

【dining&bar ゆるり 遊瑠璃】
住所:東京都世田谷区池尻2-30-12
電話:03-3421-5211
営業時間:月~金 18:00~26:00 (L.O.25:00)
     土日祝 18:00~24:00 (L.O.23:00)
定休日:?
予算:10000円前後
gooのサイト

dining & bar ゆるり (遊瑠璃) (ダイニングバー / 池尻大橋)
★★★★★ 4.5

スポンサーサイト

コメント
URL
COMMENT
PASS:
シークレット 管理人だけ表示を許可する
 
43
ここのお店の名前で検索して辿り着きました。
ヒジではなく、氷頭(ヒズ)だと思います。
北海道民の大好物!
2008/07/28(Mon) 20:26:15|通りすがりの美味いものファン|URLMAIL編集/削除
46
>通りすがりの美味いものファン様
わからないままで終わりそうだったものがわかって
非常に嬉しいです♪blog書いていて良かった。
北海道の方は食べられる部位なんですね。
良い勉強になりました。

行こう行こう思いながら「ゆるり」に再訪出来ていませんが
魚主体でやっている東京のお店の同じ価格帯で
ここ以上のものを提供しているお店を残念ながら知りません。
2008/07/30(Wed) 23:46:19|Tsutomu|URLMAIL編集/削除
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright(c) 2005 美味探求 Allright Reserved.
Designed by 吉祥人デザイン( Ryoujinn )

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。